エンタープライズ規模でのモダンアプリケーションの継続的デリバリ

Spinnaker™を使用して、マルチクラウドインフラストラクチャ全体にマイクロサービスを確実にデプロイします

コードを迅速かつ確実にリリースする

リスクを最小限に抑えることができる、安全で実績のあるデプロイ方法に任せましょう。フィードバックループを加速して、パイプラインを通じて任意のクラウドへコードを継続的に提供します。

アプリケーションの監視をアクションに変える

リリースからランタイムまで、企業全体でアプリケーションを運用し、連携して監視します。すべてのアプリケーションが実行されている場所を常に把握します。

モダンソフトウェアパイプラインを実行する

本稼働へのスムーズな工程でチームを支えます。Tanzuおよびパートナーが提供する、Spinnakerを含む互換性のあるエンドツーエンドツールチェーン向けのソリューションにアクセスします。

継続的デリバリにSpinnakerを使用する理由

組織全体で継続的デリバリをスケーリングする場合は、分散型マイクロサービスと機能を確実にデプロイして管理するのに役立つソリューションが必要です。Spinnakerを使用すると、開発チームはリスクを最小限に抑えながら価値を迅速に提供できます。ブルー/グリーンまたはカナリア戦略でデプロイして、新機能を本番環境に安全に投入します。デプロイを検証、調整し統合監視を活用して継続的に改善します。継続的デリバリーに組み込まれたベストプラクティスを実践します。

組み込みのカナリアデプロイとブルー/グリーンデプロイ

実績のある革新的なデプロイパターンで新規リリースのリスクを取り除きます。ベストプラクティスのカナリア分析では、新しいバージョンと現在のバージョンのフレッシュデプロイとパフォーマンスを比較することにより、品質を評価します。

安全でコンプライアンスに準拠したパイプライン

チームに対する適切なコントロールを自動化することにより、摩擦が生じる箇所を排除します。すべてのアプリケーションでセキュリティとコンプライアンスのプロセスを統合します。組み込まれた監査機能により、記録保持が簡素化されます。

アプリケーション資産全体のインベントリ

ポートフォリオ全体でどのアプリケーションがどこで実行されているかを把握します。ドリルダウンして、任意のクラスタで実行されているアプリケーションのバージョンを確認します。Spinnakerをアプリケーションの記録システムとして利用します。

ランタイム管理

アプリケーションのパフォーマンスを最適化します。アプリケーションのサイズ変更、複製、無効化、およびロールバックが簡単に行えます。Spinnakerは、監視ツールからのアラートに基づいて行動します。セキュリティスキャン、カオステストなどで継続的に改善します。

パイプラインとアプリケーションの可視性

単一の直感的なインターフェースを使用して、パイプラインとデプロイメントを管理します。パイプラインの動作を確認し、アプリケーションが実行されている場所を追跡し、環境の健全性を表示します。ロールベースのアクセス制御を使用して、ジョブの適切な詳細レベルを取得します。

Kubernetesを補完

複数のKubernetesクラスタでソフトウェアをリリースするビジネスプロセスを総合管理します。Spinnakerは、標準のネイティブKubernetesマニフェストを使用してデプロイします。

TanzuによるエンドツーエンドのDevOpsツールチェーン

エンドツーエンドのツールチェーンの一部としてSpinnakerを使用して、アプリケーションのデプロイメントと運用のギャップを埋めます。Spring Runtime、Concourse、BuildService、Container Service(Harbor Registryを含む)、およびその他のTanzuコンポーネントなどの互換性のあるソリューションにアクセスします。

体系化された継続的デリバリの専門知識

大規模なマイクロサービスの開発とデリバリの経験が活かされています。Spinnaker OSSには、Netflix、Google、Armory、Tanzuなどの企業による継続的デリバリのベストプラクティスがバンドルされています。

Spinnaker is a trademark of The Linux Foundation.