マルチクラウド環境でのエンタープライズ向け可観測性

フルスタックアプリケーションからクラウドインフラに至るまで、メトリクス、トレース、スパン・ログ、アナリティクスですべてを監視

無料トライアルを開始 See how it works

VMware Tanzu Observability の主要機能

Tanzu Observabilityは、エンタープライズクラスの監視機能と分析機能を大規模なスケールで提供し、きめ細かな制御を実現します。 Tanzu Observabilityを使用すれば、企業内の開発者やSREを含むすべてのDevOpsチームに監視をサービスとして展開できます。

分析駆動型のカスタムメトリクス

高度な分析駆動型のカスタムメトリクスを使用すれば、開発者やSRE、運用チームにとってもっとも重要なことを測定できます。

詳細を見る

フルスタックのトラブルシューティング

クラウド、アプリケーション、サイロ化されたツールを問わず、数秒で根本原因を特定します。

詳細を見る

エンタープライズ規模のプラットフォーム

高可用性、安全性、信頼性の高い当社のプラットフォームを使って、貴社のクラウドサービスをスケールさせてください。

詳細を見る

Tanzu Observability ソリューション

エンタープライズ規模の可観測性–あらゆるアプリケーションとクラウドにフルスタックの可視性を

使いやすさ

パッケージ化されたダッシュボードとメトリクス、アラートを使用して、アプリケーションやインフラ、開発者、DevOps ツール全体のデータを相関させます。

220以上の連携の詳細

Tanzu Observability は世界のリーディングカンパニーから高い信頼をいただいています

“[Tanzu Observability] gives us very quick insights and the best query language we could find to explore and understand our data. Since we rely on data and metrics to make our decisions, [Tanzu Observability] is an essential and indispensable part of our day-to-day operations.”

Pierre-Alexandre Masse, Engineering Director, Box

“[Tanzu Observability] actively partnered with us, seamlessly growing our monitoring capability by 300% ahead of a major new game release. We were able to utilize [Tanzu Observability] to perfectly inform us where we hit a snag, and visualize data to prove a successful fix.”

Nic Walker, Head of Technical Operations, SpaceApe

“The [Tanzu Observability] platform provides unparalleled visibility across all our cloud microservices helping hundreds of developers become more productive focusing on innovation, while enabling 8x8 to deliver exceptional SLAs and eliminate any issues with our cloud services.”

Dejan Deklich, Chief Products Officer, 8x8

“[Tanzu Observability] has made a huge impact in helping us identify and reduce production performance issues. Our operations team starts their day checking [Tanzu Observability], and uses its analytics all day long to help meet our customers SLA. It’s an awesome product.”

Bob Muglia, CEO, Snowflake

“[Tanzu Observability]'s powerful query language allows us to easily visualize and debug our time series data. Its well-tuned alerting helps us lower MTTD. Our engineers customize their own metrics to fully monitor their system’s health and performance.”

Jing Zhao, DevOps Software Engineer, DoorDash

“[Tanzu Observability] is the enterprise-wide monitoring platform used by hundreds of engineers across Workday’s ops and dev teams. With its unique analytics built on top of a common repository of full-stack operational data, [Tanzu Observability] enables better team collaboration and data-driven system improvements.”

Kevin Cantoni, VP Product Development, Workday

よくある質問と回答

Tanzu Observabilityの料金体系について教えてください

Tanzu Observabilityはシンプルで柔軟な従量課金モデルを採用しています。当社の消費ベースの価格設定は、毎月の間にTanzu Observabilityにメトリックデータを送信したレートに基づいています。これにより、必要な規模のアプリケーションから始めて、必要に応じてスケールアップ/スケールダウンすることができます。ホスト数やユーザー数に依存しません。クラウドに最適化されたコンテナベースの動的環境に非常に適しています。

無償オプションはありますか?

はい。開発者向けの Wavefront for Spring Boot は無償でご利用いただけます。無料のメトリクス、分散トレース、ヒストグラム、スパンログで提供される完全なアプリケーション監視機能を利用できます。無償版には以下が含まれています。

  • 5日間のメトリクス保持
  • 最大50PPS(秒あたりポイント)のメトリクス
  • 分散トレースの最大25PS( 秒あたりスパン )。これにはOpenTracing と Sleuth サポートが含まれます
  • 最大10DPS ( 秒間分布) ヒストグラム(分布)
  • Tanzu Observability by Wavefront フル機能の30日間無償トライアル

ガイドはこちら https://docs.wavefront.com/wavefront_springboot.html

Tanzu Observabilityのコストはどのように予算化すればいいでしょうか?

詳細は弊社までご相談ください。さまざまなお客様やアプリケーションでの経験がありますので、貴社に最適なコストをお見積りします。Tanzu Observabilityの価格設定は、1秒あたりのデータポイント(pps)あたり月額1.5ドルからです。ご参考までに、10秒ごとに100のメトリクスを送信する典型的なホスト構成では、ホストごとに月15ドルのコストがかかります。

お見積もりは、Telegrafエージェント(収集方法のうちの1つ)を使用して、Tanzu Observabilityにデータを送信した場合の推定値に基づきます。最大1秒のレゾリューションで包括的なインフラストラクチャメトリクスとアプリケーションやカスタムメトリクスのための追加キャパシティを提供します。実際の価格は、メトリクスの数量と頻度、および適用されるボリュームディスカウントに基づいて変動する可能性があります。

メトリクスデータの保管にはコストはかかりますか?

いいえ。メトリクスデータのストレージにはコストは発生しません。

1ヶ月の間に想定外のピークやデータのバーストが発生したらどうなりますか?

想定外のデータのピークやバーストが発生する可能性があることは理解しており、それらに対して不当に料金を請求することはありません。当社では、価格設定に使用されるレートを、その月のデータレートの1時間平均の95パーセンタイルとして測定しています。これにより、時折発生するピークやバーストのための費用のかからないバッファを提供しています。

メトリクスデータの種類によって価格は変わりますか?

お客様が送るメトリクスデータの種類による価格変動はありません。標準メトリクスとカスタムメトリクスは同額です。代表的なシステムメトリクス、アプリケーションメトリクス(標準とカスタム)、さらにはカスタムビジネスメトリクスを組み合わせて送られるお客様も多くいらっしゃいます。

ホスト上のエージェントからTanzu Observabilityに送信されるメトリクスの数は管理できますか?

はい。Tanzu Observabilityに送信するデータ量やデータの内容は完全に管理できます。

データ収集エージェントにも課金されますか?

いいえ。データがどこから来るかは課金とは関係ありません。データ収集エージェント(および連携)はお好きなだけご利用いただけます。

お問い合わせ.

VMware Tanzu Observabilityに関するお問い合わせはこちらまで

ご関心をお寄せいただきありがとうございます!

私たちはすぐにご連絡いたします。