Kubernetesの集中管理

チームとクラウド全体でKubernetesインフラストラクチャとモダンアプリケーションを運用し保護します。

VMware Tanzu Mission Controlがモダンアプリケーションをサポートする方法

開発のペースを速める

セキュリティとポリシーガードレールを適切に運用し、お望みの環境でKubernetesへのセルフサービスアクセスを開発者に提供します。

Manage Kubernetes at scale

チームとクラウド全体でKubernetesを集中管理することにより、グローバルな可視性、スケーラブルな運用、および一貫したポリシー管理をモダンアプリケーションにもたらします。

フットプリントを安全に維持

Kubernetesクラスタとモダンアプリケーションのセキュリティを強化します。アクセス管理を容易にし、セキュリティポリシーを適用して、クラスタのセキュリティと構成のリスクを検査します。

Tanzu Mission Controlの主要機能

企業全体でモダンアプリケーションを直ちに実践して拡張することができます。

クラスタのライフサイクルを管理

ホスティングされたTanzu Kubernetes Gridランタイムを使用してKubernetesクラスタをプロビジョニングし、クラスタのライフサイクルをクラウド間で一貫して管理します

クラスタ間を接続

パブリッククラウドや他の環境で実行しているクラスタを1つにまとめます。適合するKubernetesクラスタをTanzu Mission Controlに接続して、運用と管理の一元化を実現します。

ポリシー管理を一元化

クラウド全体で、アクセス、ネットワーク、およびコンテナレジストリのポリシーを、大規模クラスタやネームスペースのフリートに対して包括的に適用します

グローバルな可視性を得る

クラスタ、チーム、およびクラウド全体でグローバルな可視性を得ることができ、ワークロードの問題を迅速に診断してトラブルシューティングを実行します。

合理化された安全なアクセス

複数ソース(例:AD、LDAP、SAML)からのフェデレーションID、およびチーム全体の適切なユーザーに適切なアクセスを許可する使いやすいポリシーエンジンを使用して、認証と承認を一元化します。

クラスタの検査

クラスタの検査を迅速かつ簡単に実行し、ワークロードをデプロイする前に新規およびアップグレードされたクラスタが常に正しく構成されていることを確認します。

Tanzu Mission Controlが必要とされる理由

モダンアプリケーションの運用方法に、スピード、俊敏性、およびエンタープライズグレードのセキュリティを組み込みます。

クラウドへの中立性

ハイブリッドクラウドとマルチクラウドを完全にサポートしていますので、どこでもKubernetesワークロードを実行することができます。

エンタープライズで利用可能

強力なセキュリティ態勢を備えた一貫した管理のもと、Kubernetesを大規模な本番環境で実行します。

コミュニティに注力

統合されたオープンソース技術を活用するグローバルなオープンソースコミュニティーによるイノベーションとサポートの恩恵を受けます。

Frequently Asked Questions

VMware Tanzu Mission Controlとは何ですか?

VMware Tanzu Mission Controlは、Kubernetesインフラストラクチャとモダンアプリケーションを複数チームとクラウド間で一貫して運用し安全に保つための一元管理プラットフォームです。

運用担当者に単一のコントロールポイントを提供し、開発者がビジネスを推進するために必要な独立性を確保すると同時に、セキュリティとガバナンスを強化するために環境全体で一貫した管理と運用を可能にします。

Tanzu Mission Controlの主要機能は何ですか?

Tanzu Mission Controlの主要機能は次のとおりです。

  • クラスタライフサイクル管理: ホスティングされているTanzu Kubernetes Gridランタイムを使用して、Tanzu Mission ControlのKubernetesクラスタをプロビジョニング、スケーリング、アップグレード、および削除します
  • クラスタの接続: 他の環境で実行されているKubernetesクラスタをTanzu Mission Controlに接続します
  • 一元化されたポリシー管理:アクセス、ネットワーキング、コンテナレジストリなどの一貫したポリシーを、大規模なクラスタおよびネームスペースフリートに適用します
  • 可観測性と診断:クラウド全体のクラスタとワークロードの健全性に対するグローバルな可観測性が得られます
  • IDとアクセス管理:AD、LDAP、SAMLなどの複数のソースからの一元化された認証と承認、およびフェデレーションIDを実装します
  • クラスタ検査:セキュリティと構成の問題についてクラスタ検査を実施します

Tanzu Mission Controlのメリットは何ですか?

Tanzu Mission Controlは、アプリケーションチームと運用チームの両方にメリットをもたらします

  • Kubernetesクラスタへのセルフサービスアクセスを可能にすることにより、開発者の俊敏性と生産性を向上します
  • 運用担当者が、さまざまなチームや環境にわたり大規模に複数クラスタを一元監視・管理できるようにすることで、運用効率を向上します
  • 運用担当者が環境全体に一貫してセキュリティポリシーを適用し、定期的にクラスタの潜在的なリスク
を検査することにより、セキュリティとコンプライアンスを強化します

Tanzu Mission Controlは誰が使用しますか?

インフラストラクチャおよびプラットフォームチームは、Tanzu Mission Controlを使用して、開発者がKubernetesにセルフサービスでアクセスできるようにすると同時に、Kubernetesクラスタとその上で実行されるモダンアプリケーションを一元的に運用管理して、効率、一貫性、セキュリティを確保します。

アプリケーションチームは、Tanzu Mission Controlを使用して、クラスタ全体にサービスとワークロードを簡単にデプロイし、アプリケーションの健全性をよりよく理解し、問題をすばやくトラブルシューティングすることにより、アプリケーションの管理と保守を改善します。

Tanzu Mission Controlでクラスタを直接プロビジョニングできますか?

はい。Tanzu Mission Controlには、ホスティングされたKubernetesランタイムとしてTanzu Kubernetes Gridが含まれているため、Tanzu Mission ControlでTanzu Kubernetes Gridワークロードクラスタを直接プロビジョニングでき、これらのプロビジョニングされたクラスタのライフサイクル管理も行えます。現在、Tanzu Mission Controlは、AWS EC2でTanzu Kubernetes Gridワークロードクラスタのプロビジョニング、スケーリング、アップグレード、および削除をサポートしています。ロードマップに他の環境へのサポートが予定されています。

Tanzu Mission ControlにはどのようなKubernetesクラスタが接続できますか?

CNCF準拠のKubernetesクラスタは、vSphere上、あるいは任意のパブリッククラウドや他のKubernetesベンダーを介して実行されるなど、その実行場所に関係なくTanzu Mission Controlに接続できます。

お客様が自動化するために使用できる文書化されたAPIはありますか?

はい。Tanzu Mission Controlの設計上の基本原則は、組織の既存のワークフローとツールキットへの拡張性です。Tanzu Mission Controlはこの原則を、使いやすいCLIとUIを備えた文書化されたAPIを通じて提供します。

Tanzu Mission Controlはオンプレミスで利用できますか?

いいえ、今日のTanzu Mission ControlはVMwareのクラウドサービスポートフォリオにおけるSaaSとして提供されます。

Tanzu Mission Controlはオープンソースツールを統合しているか、あるいは活用していますか?

Tanzu Mission Controlのコア機能を構築するうえでオープンソース技術が活用されています。たとえばクラスタライフサイクル管理機能はクラスタAPIを使用して構築され、クラスタ適合性検査機能を支えているのはProject Sonobuoyです。

Tanzu Mission Controlの価格体系は?

Tanzu Mission Controlは、コア単位の年間サブスクリプションベース(1年または3年)で販売されます。詳細については、VMwareセールスチームにお問い合わせください。

Let’s talk.

Contact us about Tanzu Mission Control.

ご関心をお寄せいただきありがとうございます!

私たちはすぐにご連絡いたします。