運用管理者のためのプラットフォーム自動化

Concourse for VMware Tanzuは、ソフトウェアのインストール、更新、バックアップを自動化します。

エンタープライズ規模でプラットフォームの更新を自動化

CI/CDによりプラットフォームを最新の状態に維持

VMware Tanzuを使用してエンタープライズアプリケーションポートフォリオを実行している場合は、多くのプラットフォームに展開している可能性があります。これには、さまざまなクラウドプロバイダーや、地域、環境が含まれる場合があります。これを、特に手動やスクリプトステップで管理するには大変な労力が必要です。Concourse for VMware Tanzuは、パッチ適用、アップグレード、バックアップなどのプラットフォーム管理タスクの高速化を実現します。

実際、ConcourseのタスクはVMware Tanzu Automationの鍵となる部分です。このVMware Tanzuがサポートするソリューションは、企業ニーズを満たすConcourseアップグレードパイプラインを作成するための柔軟なビルディングブロックを提供します。

運用ライフサイクル全体を自動化

プラットフォームを維持するために、信頼できる一貫した自動プロセスを作成できます。以下のような運用例が含まれます。

異なるインフラストラクチャターゲット上へ複数プラットフォームを展開する包括的なインストール
プラットフォームの安定性、安全性、最新状態を確保するための最新セキュリティパッチ、新機能、Stem Cellの自動取り込み
自動バックアップを含む、プラットフォームのディザスタリカバリ管理

プラットフォームをプロダクトとして扱う

プラットフォームをプロダクトとして管理すれば、更新プログラムと拡張機能を定期的に顧客(この場合は開発者)にリリースすることになります。Concourseを使用したプラットフォームの自動化は、新しい機能が利用可能になったときにそれらを実装するのに役立ちます。これにより、開発者の満足度が高まり、お客様に継続的に価値を提供できるようになります。

そしてプロダクトオーナーは、セキュリティに関して常に警戒しなければなりません。VMware Tanzuは、プラットフォームに関連する共通の脆弱性とエクスポージャー(CVE)に対する最新のパッチを確実に提供します。プラットフォームの自動化を通じてこれらのセキュリティ更新プログラムを継続的に配信することにより、セキュリティプロファイルを大幅に改善できます。

“月曜日か火曜日にサンドボックスに[Stemcellのアップグレード]を取得して、金曜日までには本番運用を開始することができました。”

v=nGOKtsTHFf4&t=768">Bryan Kelly氏、Cerner