クラウドネイティブCI/CDのための自動化エンジン

Concourse for VMware Tanzuを使用して、アプリケーションスタックへの変更を継続的に統合し、配信します。

CI/CDワークフローを簡素化

宣言型の再利用可能なパイプラインを使用して、本稼働環境へのパスを自動化します。

フィードバック、アクション、アライメントを加速

組織のサイロを打ち破り、可視化できる実行可能なパイプラインを活用して迅速に移行します。

プラットフォームおよびチーム全体でクラウドネイティブ配信を拡張

複数プラットフォームの複数チームによりコードをビルドし、テストして配信します。

Concourse for VMware Tanzuが選ばれる理由

迅速なフィードバックを得てビジネス成果を向上させるためには、本稼働への工程を自動化する必要があります。Concourse for VMware Tanzuを使用して、コードを統合し、テストし、これまでにない速さで本稼働環境への道を開きます。宣言型パイプラインを構築して、継続的統合/継続的配信(CI/CD)ワークフローを自動化します。パッケージング前後の自動テストでコードを堅牢化します。仕事の遂行に必要なDevOpsソリューションと簡単に統合することが可能です。

コンテナ化されたビルドとテスト

ソースコードをコンパイルし、テストを実行し、ソフトウェアを常に「リリース可能」な状態にします。すべてがコンテナ内で実行され、毎回クリーンで一貫したビルドを提供します。

シンプルなパイプラインモデリング

反復開発から本稼働の準備まで、プロジェクトを継続的に推進する複雑なデリバリーワークフローをモデル化します。パイプラインはコードで表現され、ソース管理で追跡することができます。

軽量化したDevOpsインテグレーション

シンプルで強力な抽象化により、外部システムと運用をパイプラインに組み込みます。これにより、一般的なDevOpsツールを統合するための柔軟性と低メンテナンス性が得られます。

リアルタイムのパイプラインステータス

有益な共有パイプラインを可視化することにより、迅速なフィードバックが得られ、連携を維持することができます。パイプラインにドリルダウンして、ビルドの問題点を調べ、アクションにつなげます。単一のダッシュボードですべてのパイプラインを表示します。

安全なパイプラインの実行

ロールベースのアクセス制御、LDAPユーザー管理、資格情報管理、監査ログ、セキュリティ脆弱性スキャン、コンプライアンスチェックなどを通じて、デリバリプロセス全体で確実にコードを保護することができます。

VMware TanzuがサポートするOSS

実証済みのコミュニティ主導オープンソースとしてリリースされたConcourseは、VMware Tanzuによって検証され、強化され、サポートされています。